Linuxから始める先端IT

Linuxから始める先端ITは現役大学生が綴り運営しているIT系情報ブログです。いろいろなニュースや情報をみなさんにお届けします。

ubuntu

クラウドとコンテナを強化した、「ubuntu 15.04」リリース

人気のLinuxディストリビューションubuntuの最新版ubuntu 15.04が日本時間4月24日頃にリリースされました。
数日後には、JapaneseTeamからも日本語Remix版のリリースがあると思われます。

logo-ubuntu_st_no®-black_orange-hex
ちょっと時間がないので以下引用です。

4月23日、Ubuntuの最新版「Ubuntu 15.04」(Vivid Vervet)がリリースされた。Ubuntuを開発する英Canonicalは4月22日(英国時間)に新機能について説明、サーバー版ではコンテナとクラウド(「OpenStack」)がメインになるとした。開発を進めているクラウドおよびモノのインターネット(IoT)向けの軽量版「Snappy Ubuntu Core」も初の安定版として含まれる予定だ。


 Ubuntu 15.04は、2014年10月に公開された「Ubuntu 14.10」(Utopic Unicorn)に続く最新版。Cacnonicalは4月と10月の年2回リリースサイクルを持ち、9か月のサポート期間を持つ通常版に加えて、2年おきに5年のサポート期間を持つLTS(長期サポート)を公開する。最新のLTSは2014年4月に公開された14.04(Trusty Tahr)で、次回は2016年4月にリリース予定。

 15.04はLinuxカーネル3.19.3を採用し、デフォルトのinitデーモンがsystemdとなった。Server版ではコンテナとクラウドにフォーカスして機能強化が進められているとのことで、コンテナでは、Linuxコンテナ技術LXCをベースとした「コンテナ・バイザー(コンテナ向けハイパーバイザー)」であるLXD(Linux Container Daemon)を導入した。仮想マシンのようにコンテナのプロパティを表示できるようにすることで、マルチホスト環境のコンテナ管理を容易にし、高密度化と速度を改善するもの。システムレベルのデーモンとして動き、REST APIを利用してコンテナ環境を遠隔から操作することもできるという。コンテナのライブマイグレーションやセキュリティプロファイルの設定などの用途に適しているとしている。。また、Dockerはバージョン1.5をサポートした。

 クラウド関連では、4月末公開予定の「OpenStack」の最新版「Kilo」をベースとしたUbuntu OpenStackを含む。ネットワーク関連コンポーネント「Neutron」における動的な仮想ルーティング(DVR)サポートなどKiloで強化された機能を利用できるという。また、新たに「Designate」とよばれるサービスとしてのDNS機能も含まれ、ユーザーレベルDNSリクエストへセルフサービス型のアクセスを提供するという。コンピュートコンポーネントの「Nova」ではLXDをサポートし、LXDベースのコンテナインスタンスを起動できるという。

 これらに加え、ネットワーク関連でも「OpenvSwitch(OVS) 2.3.1」のサポート、ネットワーク機能の仮想化NFVなどをサポートした。Ceph OSDやBtrfsのサポートも強化されている。データベースでは「MySQL 5.6」および「Percona XtraDB 5.6」、「MariaDB 10.0.17」を、仮想化では「libvirt 1.2.12」、「QEMU 2.2」、「libguest-fs 1.28」などの最新版が含まれる。

 デスクトップ版では「Unity 7」を採用し、メニューの統合やダッシュボードの強化により使い勝手を改善した。また、開発ツールは「Ubuntu Developer Tools Centre」から「Ubuntu Make」へ刷新されている。隔離された開発環境を提供するもので、最新の「Android NDK」および「Android Studio」、IDEA、pycharm、webstormなどのモジュール、Firefox開発者版、Stencylゲーム開発者版などを含む。「LibreOffice 4.4」などパッケージも最新版にアップデートされている。

 15.04では、2014年末に発表した「Snappy Ubuntu Core」初の安定版も導入した。Snappyは最小構成で安全性の高いUbuntuエディションで、無人航空機(ドローン)、ロボット、ネットワークスイッチ、モバイル基地局、IoTホームハブといったクラウドコンテナのホストやスマートデバイスに最適としている。SnappyはDocker 1.6をサポートし、安全なアプリコンテナ化が可能。主要なパブリッククラウドやARMおよびx86デバイスで動くという。

 Ubuntuのデスクトップ版、サーバー版、クラウド版、およびUbuntu Kylinは英国時間4月23日よりダウンロードが可能。

Ubuntu
http://www.ubuntu.com/ 


引用元
sourceforge.jp クラウドとコンテナを強化した、「ubuntu 15.04」リリース
http://sourceforge.jp/magazine/15/04/24/151000 

ubuntuにJava8環境を構築!(Android Studio などのために)

java8_logo


Javaでできているプログラムを動かすにはJREが必要であったり、
AndroidStudioやEclipse、IntelliJ IDEAなどでJavaのプログラムをビルドするにはJDKが必要です。

今度、ubuntu での Android Studioについての記事を書こうと思っていますが、
これらで作るAndroidアプリもJavaで書きますのでもちろんJava環境が必要です。

そのため今回は、Oracle Java 8 の環境をubuntuで構築する方法を説明したいと思います。

 (いまさら感もありますがお付き合いくださいww)

では、続きから!!
↓↓

 続きを読む

Ubuntu 14.04 でexFATをマウントする方法

ubuntu16.04版をまとめました、よかったらみてください。

一般的なUSBメモリのファイルシステムのフォーマット形式はFAT32ですが、これはひとつのファイル容量が4GBを超えるものは扱うことができません。

そのため、USBメモリはexFATもしくはNTFSもしくはHFS+という形式に再フォーマットする必要があります。
そしてこの中でもよく使われているのが、WindowsとMacと両方使うことができるexFATです。
しかし、exFATはLinux(ここではUbuntuの話)ではデフォルトでは利用することができません。(USBメモリを差し込むとマウントできないとエラーのアラートが表示されます。)
ほかのディストリビューションだったら利用できるかもしれませんが・・・。

まあそこで、exFATが対応できるようにパッケージをインストールします。
とりあえず、ざっと手順を説明します。端末で以下のコマンドを打ち込んでください。


$ sudo apt-add-repository ppa:relan/exfat

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install exfat-fuse exfat-utils

たった、これだけです。

デフォルト対応表
windows Linux Mac
NTFS
FAT32
exFAT
HFS+ たぶん◯
ext4
デフォルトでは☓でも、どこかが出しているパッケージをapt-getとかソースからコンパイルするとかでインストールすることでマウントできる場合があります。  

今回はその例で、exFATのマウントでした。


 



最新コメント
QRコード
QRコード

Find us on Google+

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ