Linuxから始める先端IT

Linuxから始める先端ITは現役大学生が綴り運営しているIT系情報ブログです。いろいろなニュースや情報をみなさんにお届けします。

iCloud

iCloud WEBページから”だれでも”Keynote, Numbers, Pagesのクラウド版が利用可能に。

14

いままでは、iPodやiPhone、iPadやMacに紐付けされたAppleID限定でWEB上でKeynoteなどのクラウド版が利用できていました。

が、いつのまにか無料のAppleIDを取得するだけでだれでもそれを使うことができるようになりました。

http://www.icloud.com/

45

これで、Macを持っていないWindowsユーザなどにKeynoteやPages、Numbersなどのファイルを渡しても見れないって言うことがなくなりましたね。
もちろんGoogleChromeにも対応していますので、ChromeOS搭載の端末からでも利用できると思います。Linuxも、、、w(未確認)
これで、各社のOfficeSuiteのクラウド版が出揃いました。
MicrosoftOfficeにGoogleDocsにiWork。

注意しないといけないのは、Apple製品と紐付けているAppleIDではiCloudの容量は5GBもらえますが、アカウントの登録だけだと1GBしか容量はありません。
工夫して利用していかないといけないですね。
 

5月21日現在 Apple の iCloud 関連のサービスで障害が発生しています。

Apple-logo

題名の通り、5月21日現在 Apple の iCloud 関連のサービスで障害が発生しています。
障害が発生している範囲は、複数のiCloudサービスで一部のユーザに影響します。

iOSデバイスやMacからiCloudへのログインができなくなる症状が確認されています。
iCloudのメールの送受信も不可能な状況の人がいます。

障害状況は下記のURLから確認することができます。

https://www.apple.com/jp/support/systemstatus/ 

apple-syougai

今後の情報をよく確認して利用するようにしましょう。 



最新コメント
QRコード
QRコード

Find us on Google+

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ