Linuxから始める先端IT

Linuxから始める先端ITは現役大学生が綴り運営しているIT系情報ブログです。いろいろなニュースや情報をみなさんにお届けします。

13.10

もっと賢くパッケージ管理を!ubuntu 13.10にaptitudeをインストール

いつもパッケージのインストールで使うapt-getコマンド。

これの代わりに、
aptitudeコマンドをインストールし利用することで、より安全で安心で強力なパッケージ管理が可能になります。

おそらく、Synapticと同じようにパッケージ管理はどちらもaptで行っていますのでめんどくさい設定は不要です。

apt-get コマンドのみで行うより、aptitudeを使うほうがパッケージを削除する際の依存チェックなどが強力です。

インストールは以下のコマンドを実行してください。

$ sudo apt-get install aptitude


インストールやアンインストールなど
基本的なパラメータと操作方法はapt-getと同じです。

例えば、vimをインストールする場合は下記のようなコマンドを実行します。

$ sudo aptitude install vim

パラメータを付けずに

$ sudo aptitude

だけを実行すると、CUI版のsynapticみたいに視覚でパッケージの閲覧ができます。

Screenshot_from_2013-11-16 20:49:52
このような感じです。

以上。

ubuntu13.10 日本語入力の仕様変更・バグ

先日リリースをお伝えしているubuntu13.10ですが、
インプットメソッドがibus1.4→ibus1.5にアップデートされた影響により、
大幅な操作等の仕様変更とバグが発生しています。

詳しい情報はリリースノートの日本語入力に関する部分をご覧ください!!
→  リリースノート・日本語入力

また、ディスクからのライブ起動時には日本語入力でのかな変換機能を利用することはできません。

http://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1310

まもなく、ubuntu japanese teamより日本語remix版がリリース される予定です。

このディスクは、ライブ環境でのかな漢字変換機能サポート、およびスムーズに日本語入力をセットアップできるよう改良されたものになるそうです。

ubuntu 本家 :  http://www.ubuntu.com/
ubuntu japanese team:http://www.ubuntulinux.jp/
ubuntu 13.10 リリースノート: https://wiki.ubuntu.com/SaucySalamander/ReleaseNotes/Ja

ubuntu13.04→ubuntu13.10にアップグレードしてみた。

logo-ubuntu_st_no®-black_orange-hex


こんにちは、先日はubuntu13.10がリリースしたことをお伝えしました。

いつもは、新規インストールの方法ばかりを説明していたので、今回はアップグレードした!!ってことも書いていこうと思います。

とりあえず、アップグレードで様子見しつつ、いつも通りその後、新規インストールしていきたいと思います。

アップグレードした環境は、
Ubuntu13.04にGNOME Shellをインストールした環境でログイン時にセッションを「Ubuntu」でログインしたものです。

ちなみに、GNOME Shellをインストールした13.04を13.10にアップグレードするとUbuntu GNOME 13.10にアップグレードされるようです。

↓↓それでは続きから↓↓

 続きを読む



最新コメント
QRコード
QRコード

Find us on Google+

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ