Linuxから始める先端IT

Linuxから始める先端ITは現役大学生が綴り運営しているIT系情報ブログです。いろいろなニュースや情報をみなさんにお届けします。

Linux

軽量Linux ラズベリーパイでおなじみの「PIXEL」のx86版がリリース

eyecatch842-1

ARMベースのSoC(CPU)を搭載するラズベリーパイでおなじみの軽量Linuxディストリビューション「PIXEL」のx86バージョンがリリースされました!

x86バージョンと聞いて?と思う人も中にはいるかと思いますのでちょろっと説明しとくとIntelとIntel互換(AMDとか)のCPUが載ってるPCで動かせるということです。

軽量Linuxは他にもありますが、普及率の高い小型PCボードのラズベリーパイと同じディストリビューションが一般のPCで稼働できるというのはメリットが大きいと思います。
特に教育の機関や分野ではラズベリーパイのボードを買わなくても良いことになります。

インストールには、DVDやUSBにイメージを書き込んで、そのデバイスから起動できるようにBIOSから設定できるPCであればほとんど起動できると思います。

USBから起動してUSBで作業をすることもできると思いますし、USBから内蔵ストレージにインストールして使うこともできます。

内蔵ストレージにインストールするとき、既存のOSに重要なデータがある場合は必ずバックアップを取るようにしておきましょう。

デスクトップ環境は軽量で有名なLXDEを採用しています。
Ubuntuの重いunityやgnomeなどの利用が厳しかった場合でも実用的なスピードで動作させれる可能性が高いです。

今度、眠っているEeePC901にインストールしてみようと思います。

参考
Raspberry Piの「PIXEL」が旧型PCやMacで稼働可能に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/23/news022.html

ubuntuにdockerをインストールしjupyterからtensorflowを動かす方法

DockerLogo
機械学習やディープラーニングが近年流行っていますが、それがどういったものでどう使うのか気になっている人は少なくないと思います。
この記事は、ディープラーニングをまだやったことない人が勉強する際の環境を作るの手助けをするためのものです。

今回の内容としては
ubuntu(linux)上にdockerをインストールし、そのdockerのコンテナを使ってディープラーニングのフレームワークであるtensorflowの使い方などをjupyterというpythonノートブックを使って学んでいくための環境づくりです。

実行したubuntuのバージョンは16.04です。

では、続きから。続きを読む

ubuntu 16.04 にMecabをインストールしてPythonから使う方法

まず、下記のコマンドをターミナルで実行して各種パッケージをインストールしてください。
$ sudo apt-get install mecab libmecab-dev mecab-ipadic
$ sudo apt-get install mecab-ipadic-utf8
$ sudo apt-get install python-mecab
これで、Mecabのインストールは完了です。
pythonを起動して
import MeCab

できれば問題無いです。

使い方はGoogle先生に聞いてください。



最新コメント
QRコード
QRコード

Find us on Google+

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ