Linuxから始める先端IT

Linuxから始める先端ITは現役大学生が綴り運営しているIT系情報ブログです。いろいろなニュースや情報をみなさんにお届けします。

お知らせ

Ankerが数量限定でプレゼント企画を実施中!在庫があるかは不明!

3c9926bf


Amazonなどでそこそこの質のUSBモバイル製品を安価にコスパ重視で販売しているAnkerですが、

総数10万個のプレゼント企画を、Anker Rewards 2015として行っているようです。

プレゼント企画の公式サイトはコチラ
https://rewards2015.anker.com/ 

モバイル端末でサイトを開く必要があります。

IMG_3351


プレゼントの対象となるのは
Anker製品を3つ以上”2015年11月15日23:59:59””以前”に購入したユーザー

購入はAmazon等のオンラインショッピングも含まれるようです

応募に必要な物は
Facebookアカウント

上記のサイトから自分のFacebookアカウントと連携を行いましょう。

僕は、シガーソケット用のPowerDrive2を注文しました。

IMG_3349

30日以内に手元に届くそうです。

さすが海外の企業、日本の企業ではやらないような大胆なことをやってのけますね〜!!
PRとしてはすごい効果が期待できるのでは??笑

裏事情としては、売れ残った製品の倉庫の維持費よりタダで配ってしまったほうが安上がりになるからなのでしょうかね??

どっちにしろユーザには嬉しい企画なのでまたやって欲しいですね!

ではでは。 

Amazon、国内でプライムミュージック(Prime Music)を開始!!

151118amazonprimemusic_top

先々月には、国内でプライムビデオが始まり、本ブログでも紹介しました。

http://itlx.ldblog.jp/archives/52115148.html

このサービスではAmazonプライム(Amazon Studenも含む)会員は、国内外の映画やドラマなどが見放題となるサービスでした。

なんと、それに加え!!!

本日11月18日より、AmazonがPrime Music・プライムミュージックを国内で開始しました。
プライムミュージックは、プライム会員およびAmazonStudent会員のユーザが追加料金無しで、国内外の音楽 100万曲以上が聴き放題になるというサービスです。
Apple MusicやLINE MUSIC、Google Play Musicなどの3000万曲にくらべてはかなり少ないですが、無料で聴き放題というのはかなり魅力的だと思います!!

学生会員でしたら年間1900円で、プライム会員でしたら年間3900円でプライムミュージック対象の音楽が聴き放題になるということです!!

詳細は下記のGizmode Japanのサイト

http://www.gizmodo.jp/2015/11/amazon_prime_music.html

およびプライムミュージック公式サイトを御覧ください!!

http://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=3589137051


Amazonには驚かさせられますがユーザにとってより良いサービスにしようという熱意は伝わってくるリリースでした。

今後のAmazonにも期待できますね!

ではでは。 

−−追記−−
iPhone でAmazon Musicのアプリをダウンロードしてみました。
アプリ内のAmazon Prime Music は以下の様な画面でした!

IMG_3348

アプリは以下のサイトからダウンロード可能です。
iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/amazon-music/id510855668?mt=8

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.mp3&

その他にもパソコンなどのブラウザからでも聞けれるようです。
ChromeOSやFirefoxOSなどのユーザでも聞けれそうですね!!

たのしいMusicライフを!笑 

ubuntu 15.10のリリース、OpenStackなどサーバ向け機能の向上

logo-ubuntu_st_no®-black_orange-hex

10月22日に人気のLinuxディストリビューションである「ubuntu」の最新バージョン15.10がリリースされました。
ubuntuは毎年4月と10月にリリースされるのが恒例で2年毎には長期サポートのLTS版がリリースされています。

Ubuntu 15.10の主な新機能は次のとおり。

・Linuxカーネル 4.2を採用(最新のRadeon GPUをサポートした新しいAMDGPUカーネルドライバの導入、Intel Broxtonのサポート、F2FSファイルシステム暗号化機能の提供、NV-DIMMのサポート)
・主要アプリケーションのアップデート(Chrome 45、Firefox 41、METE 1.10、GNOME 3.16、Blueman 2.0、BlueZ 5.35、LibreOffice 5.0.2、Juju 1.24.6、Qemu 2.3、Open vSwitch 2.4.0)
・最新のOpenStackをサポート(Keystone、Glance、Cinder、Neutron、Ceilometer、and、Aodh、Heat、Horizon、Swift、Trove、Designate、Ironic、Manila、Barbican) 

などなど、サーバ向けの機能などは向上される模様です。
しかし、まだ14.04LTS版がサポート期間内ということで、このバージョンにもアップデートが提供されています。
なので、最新版より安定バージョンを求めている人は、同バージョンの使用を継続することをおすすめします。

詳しい内容や新しい機能の詳細は以下のURLを御覧ください。

ubuntu 公式サイト
http://www.ubuntu.com

ubuntu japanese team
https://www.ubuntulinux.jp

参考URL
https://osdn.jp/magazine/15/10/24/101700
http://japan.zdnet.com/article/35072453/
http://news.mynavi.jp/news/2015/10/23/306/ 



最新コメント
QRコード
QRコード

Find us on Google+

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ