eyecatch842-1

ARMベースのSoC(CPU)を搭載するラズベリーパイでおなじみの軽量Linuxディストリビューション「PIXEL」のx86バージョンがリリースされました!

x86バージョンと聞いて?と思う人も中にはいるかと思いますのでちょろっと説明しとくとIntelとIntel互換(AMDとか)のCPUが載ってるPCで動かせるということです。

軽量Linuxは他にもありますが、普及率の高い小型PCボードのラズベリーパイと同じディストリビューションが一般のPCで稼働できるというのはメリットが大きいと思います。
特に教育の機関や分野ではラズベリーパイのボードを買わなくても良いことになります。

インストールには、DVDやUSBにイメージを書き込んで、そのデバイスから起動できるようにBIOSから設定できるPCであればほとんど起動できると思います。

USBから起動してUSBで作業をすることもできると思いますし、USBから内蔵ストレージにインストールして使うこともできます。

内蔵ストレージにインストールするとき、既存のOSに重要なデータがある場合は必ずバックアップを取るようにしておきましょう。

デスクトップ環境は軽量で有名なLXDEを採用しています。
Ubuntuの重いunityやgnomeなどの利用が厳しかった場合でも実用的なスピードで動作させれる可能性が高いです。

今度、眠っているEeePC901にインストールしてみようと思います。

参考
Raspberry Piの「PIXEL」が旧型PCやMacで稼働可能に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/23/news022.html

スポンサーリンク