asus_zenfone_5_lte

格安MVNOがたくさん登場する中、そこそこのスペックでそして安いSIMフリーのスマートフォンもたくさん登場してきています。
今回、僕が購入したものはASUSのZenfone5 LTEです。
ASUSといえば、Google謹製のタブレットである、Nexus7やASUSブランドのMemoPad、マザーボードなどたくさんの製品を発表そして販売しています。

Zenfone2 が発表・発売(台湾で)されていながらいまさらZenfone5か、と思うかもしれませんが長い目でみてください。。。

ではレビューは続きから
↓↓


画面が5インチであるZenfoneシリーズはたしかZenfone5だけです。
いいですよね、Zenfone5。

Zenfone2はiPhone6 Plus並のデカさです。

Zenfone2についてはGigazineがいろいろと紹介してます。

世界初の4GBメモリスマホ「ZenFone 2」をゲットするため台湾の街を駆け巡ってきました
http://gigazine.net/news/20150324-taiwan-zenfone2-hunt/
新世代SIMフリースマホ「ZenFone 2」をライバル機種の「iPhone 6 Plus」や「Nexus 6」と比べてみた
http://gigazine.net/news/20150325-zenfone2-1st-review/ 

では、化粧箱を見ていきましょう。
CIMG4449

上からみた感じです。箱の感じは今風のスマートフォンのものと同じような感じです。

CIMG4453

CIMG4454

CIMG4460


側面からはこのスマートフォンの機能のハイライトで拝見できます。 

CIMG4456

箱の裏面にはスペックや認証や規格のマークが記載されています。

付属品を見ていきます。

CIMG4461

・スマホ本体
・USBケーブル
・イヤホン
・イヤーピース
・電源プラグ
・書類(説明書とか)
 
スマホ本体の外見をみていきます。

CIMG4445
持って正面からスマホを見た感じです。タッチセンサーで「戻る」「ホーム」「実行中アプリ」ボタンがあります。

CIMG4446
持って左側面にはボタン類はありません。

CIMG4447

もって右側には、スリープ電源ボタンとボリュームボタンがあります。

写真を撮り忘れましたが、下にはUSBコネクターがあり、上にはイヤホンジャックがあります。

スペックのおさらい
・OS・・・Android4.4 Kitkat (ASUSによると2015年4月ぐらいにLollipopにアップデート予定)
・色・・・ブラック、レッド、ホワイト、ゴールド
・サイズ・・・幅72.8mm、 高さ148.2mm、 厚み10.34mm、 質量145g
・CPU・・・クアルコム Snapdragon400 1.2GHz
・メモリ・・・2GB
・ストレージ・・・フラッシュメモリ16GB/32GB
・ストレージ増設・・・MicroSD
・ネットワーク・・・Wi-Fi IEEE802.11b/g/n 、Bluetooth4.0
・携帯移動ネットワーク・・・2G EDGE/GSM 850/900/1800/1900MHz、3G W-CDMA 800/850/900/1900/2100MHz、 4G FDD-LTE 800/900/1800/2100/2600MHz
日本だと、KDDIがBand1の2100MHzのみ対応、DocomoがBand1の2100MHz・東名阪バンドの1800MHz・プラスエリアのBand19 800MHzが対応、Softbank/Y-Mobileが900MHz1800MHzト2100MHzに対応してます・
※規格上の対応で本当に電波をつかむかは保証できません。いちおうDocomo系のMVNOが使えることは確認済み。(DMMmobile)
・位置情報・・・GPS、グローナス
・画面・・・IPS5インチ 解像度HD 静電容量方式 手袋モードつき
・カメラ・・・背面800MP 全面200MP
等々、、、。

その他詳しい情報は公式ページを見てみてください。
http://www.asus.com/jp/Phones/ZenFone_5_A500KL/ 

本体と一緒に購入したアクセサリへの購入リンクはこちら

 

よかったら買ってみてください。 

レビュー動画はこちら、一緒にご覧ください。
 

スポンサーリンク