ランレングス符号化


同一符号が連続する部分を、符号と連続する符号の個数に置き換えて符号化する可逆圧縮方式。
RLE(Run Length Encoding、連長圧縮)、数値データや画像データなどで、同一ビットが連続しているデータを圧縮するのに適している。
RLE:ある連続したデータを、そのデータ一つ分と連続した長さで表現することで圧縮する方式。

EBCDIC符号


Extended Binary Coded Decimal Interchange Code(拡張2進化10進数変換符号)の略で、IBM社の汎用コンピュータで使用されていた文字コード。

巡回符号


データを多項式で表し、先生多項式を用いて符号化を行う方式。
Cyclic Redundancy Code、誤り検出符号の一つである。通信エラーチェックCRC(Cyclic Redundancy Check)で使われている。

ハフマン符号


各文字の生起確率をもとにハフマン木と呼ばれる木構造グラフを作成し、ハフマン木をもとに生起確率の高い文字に短い符号を、生起確率の低い文字に長い符号を割り当てることにより生成される符号。
符号の頻度が多いものほど少ないビットで表す圧縮方式(ハフマン法)で使われる符号である。 

スポンサーリンク