ubuntu13.10の時にIbusの仕様変更等がありいろいろ議論されていた模様ですが、Ubuntu14.04日本語Remix版ではIbusは廃止されFcitxへと置き換わっています。

オリジナルのISOでインストールされた方はIbusのままだと思いますが、日本語RemixのISOおよびJapaneseTeamが提供しているリポジトリを登録した場合はFcitxになっていると思います。

しかしデフォルトの設定だとなんだか癖があって使いにくいのでやっておくべき2つのことを紹介したいと思います。

Windowsでいう言語バーを表示させる

Screenshot from 2014-05-24 21:22:09

Fcitxの[設定]から[外観]タブを選択肢[状態パネルを隠すモード]を[自動]もしくは[表示]にすると表示できます。
自動の場合MozcがON担った時に言語バーが表示されます。
表示の場合、常に言語バーが表示されます。

method

wineやDashメニュー上でインライン入力を有効にする。

 この設定をしておかないと下記のようにDashメニューなどで日本語などの全角文字が枠の中に表示されません。
terminal_off

これはFcitxの拡張機能を有効にすることでインライン入力できるようになります。
method_adons

Fcitxの[設定]にある[アドオン]タブから左下の[拡張](チェックボックス)をクリックし、[Fcitx XIM Frontend]-[設定]をクリックしてください。

method_adons_settting


[XIMでOn The Spotスタイルを使う(起動中は変更できません)](チェックボックス)を選択し[OK]を押してください。
その後Fcitxの[再起動]をクリックし再起動すると次からインラインで表示するようになります。

terminal_on

この2つのことはちょっと重要なことなので覚えておくようにしましょう!
それでは今回は終わります。ではでは。

参考:https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/JapaneseEnvironment/Fcitx

スポンサーリンク