Linuxから始める先端IT

Linuxから始める先端ITは現役大学生が綴り運営しているIT系情報ブログです。いろいろなニュースや情報をみなさんにお届けします。

December 2014

モバイルバッテリーcheero Power Plus 3を買ってみた。

cheero Power Plus 3を買ってみました。

_SL1200_


購入当時Amazonで約3000円でした。
今回は適当に紹介してAnkerのバッテリーとも少し比べてみようと思います。

まず、同梱物は本体とUSBケーブルと取扱説明書です。
ACアダプタはついていません。

容量は13400mAhであるようです。
iPhoneはおよそ5回程度充電可能だと思われます。

このバッテリーは2Aでの充電が可能となっているので多少充電時間が早いようです。
8時間でフル充電が可能であり、およそ500回の充電放電が可能なようです。
バッテリーセルは、エネループなどのメーカでもあるPanasonic、SANYO製です。

大容量のバッテリーにしては小型であり大変軽量です。
持ち運びも楽にできると思われます。

以下に簡単にAnkerのバッテリーとくらべた表を記載します。

cheero Anker
重さ 245g 445g
容量 13400mAh 13000mAh
合計出力 3.4A 2.1A
充電入力 2.0A 1.5A
評価






もうちょっと詳しい説明は動画でしています。
ぜひ見てください。  

yuf編集版
 


ひさんいを編集版
 

やはりauのiPhone6も海外SIMフリーではない(MightySIMで確認)、しかしAT&TのSIMではアクティベート可能。

以前こういう記事を書きました。
auのiPhone 6って海外はSIMフリーなの?(わからないがAT&TのSIMが使える。かも。)
http://itlx.ldblog.jp/archives/52042843.html 

この記事ではAT&TのSKY72290で僕がもってるauのiPhone5,auのiPhone6ではアクティベートができたよ!って記事でした。

そのとき使用したSIMはこちら。


その後、国内のdocomoのSIMではアクティベートできませんでした。
この結果から、公式には明言していないが実は海外はSIMフリーなのかも?と思うようになったわけです。

そこで海外に行く予定はないもののAmazonからMightySIMを注文して再度auのiPhone6に突っ込んでみました。
しかし、予想ははずれロックがかかっていてアクティベートはできないとのこと。

そのとき仕様したSIMはこちら。(nanoSIM,通常およびmicroSIM版もある。)



まあ、残念な結果になってしまった、といってもまあ普通の結果になってしまったという報告でした。

しかし、AT&TのSIMはなぜはじかれないんだろうか?
Bx5i9NACUAAUw5L
 



最新コメント
QRコード
QRコード

Find us on Google+

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ