Linuxから始める先端IT

Linuxから始める先端ITは現役大学生が綴り運営しているIT系情報ブログです。いろいろなニュースや情報をみなさんにお届けします。

October 2014

【8インチタブレット】Windows8.1搭載、Lenovo Miix2 8を買ってみた。


電脳売王の赤札商品でLenovoのMiix2 8   (59428524)が約2万円(税抜き)で売っていて、まあまあ安かったので買ってみました。(Officeは抜かれていましたが)

しかも、10月末までLenovoは、Miix2 8およびMiix2 11購入者を対象に5000円のキャッシュバックキャンペンを開催しています。(詳しくはこちら) 

そんなこんなで、実質約15000円でWindows8.1タブレットを手に入れることができたのでした。

miix28
Amazonでは約3万円(Office付き)14/10/25現在


5000円キャッシュバックキャンぺーンは10月末までの購入者までが対象なのであと5日ほどで終わります。
みなさんもこの機会にどうぞ!
応募の締め切りは11月末までです。

↓↓詳しくは続きから!↓↓続きを読む

文字列の圧縮方法

ランレングス符号化


同一符号が連続する部分を、符号と連続する符号の個数に置き換えて符号化する可逆圧縮方式。
RLE(Run Length Encoding、連長圧縮)、数値データや画像データなどで、同一ビットが連続しているデータを圧縮するのに適している。
RLE:ある連続したデータを、そのデータ一つ分と連続した長さで表現することで圧縮する方式。

EBCDIC符号


Extended Binary Coded Decimal Interchange Code(拡張2進化10進数変換符号)の略で、IBM社の汎用コンピュータで使用されていた文字コード。

巡回符号


データを多項式で表し、先生多項式を用いて符号化を行う方式。
Cyclic Redundancy Code、誤り検出符号の一つである。通信エラーチェックCRC(Cyclic Redundancy Check)で使われている。

ハフマン符号


各文字の生起確率をもとにハフマン木と呼ばれる木構造グラフを作成し、ハフマン木をもとに生起確率の高い文字に短い符号を、生起確率の低い文字に長い符号を割り当てることにより生成される符号。
符号の頻度が多いものほど少ないビットで表す圧縮方式(ハフマン法)で使われる符号である。 

ハッシュ表について

ハッシュ表とは、索引など高速に検索が必要な場合に利用されるデータ形式である。データを識別するキー値から、演算でデータの格納場所を求めることができる。問題のなかには、ハッシュ表に関する知識がなくても、単純に数値変換の計算問題として回答することができるものもある。

まず、55550を11進数とみなし10進数に変換すると、
5*11^4+5*11^3+5*11^2+5*11^1+0*11^0
=5*11*(11^3+11^2+11^1+11^0)
=55*(1331+121+11+1)
=55*1454
=80520

たとえば、これの下4桁のみが計算対象の場合、下4桁を抜き出す。
その0520に0.5を掛けると、
アドレス=0520×0.5=0260
その結果、アドレスは0260になる。

ハッシュ表でデータの格納場所を求める方法を図でしめす

hash_table

基数変換:ある進数から別の進数に置き換えること 



最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ