Linuxから始める先端IT

Linuxから始める先端ITは現役大学生が綴り運営しているIT系情報ブログです。いろいろなニュースや情報をみなさんにお届けします。

April 2013

プログラミング基礎 2 はじめてのC

hajiC
2. はじめてのC
2.1 使い方
①ソースプログラムの入力
今回のプログラミング基礎では、C++言語用の統合環境ソフトと
いわれるプログラムを利用します。以前の記事で紹介したCPad for C++を、
起動します。統合環境を立ち上げると、エディタ部とメッセ
ージ部をもった画面が出てきます。エディタ部はソースを入
力・編集する部分で、メッセージ部はコンパイラ等のメッセ
ージを表示します。




それでは続きから。↓↓ 
続きを読む

プログラミング基礎 2の準備 統合開発環境(CPad)のインストール

CPad_screen

今回は、統合開発環境として、CPadを使います。
利用できるようにインストールして設定していってみましょう!

続きから↓↓ 
続きを読む

プログラミング基礎 1 プログラミング言語について

1. プログラミング言語
1.1 ハードウエアとソフトウエア
パソコンをはじめとするコンピュータは「ハードウエア」といわれます。このハードウエアだけで何
ができるかといえば単なる計算だけです。もちろんそれを表示することもできませんし、キーボードか
ら文字を打つこともできません。計算ができるといっても、数字を入力できないのですから数値を与え
ることすらできないのです。
このハードウエアを制御したり、計算させたりするために必要なのが「ソフトウエア」です。ソフト
ウエアがハードウエアをコントロールしているわけです。文書処理で使ったワープロソフト
MS-Word や表計算ソフトMS-Excel もそんなソフトウエアの一つです。ソフトウエアがあるからこそ、
ハードウエアを使うことができるのです。そのソフトウエアを「プログラム」とも呼びます。このソフ
トウエアを作るために必要なのがプログラミング言語なのです。
逆にいえば、ソフトウエアがあるとからこそパソコンというハードウエアが意味を持ってくるのです。
ここのプログラミング基礎では、そのプログラムを作成するための最初の部分を学習します。

続きから↓↓ 
続きを読む



最新コメント
QRコード
QRコード
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

PVグラフ

    UUグラフ